スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


パソコン予約に障害=東海道・山陽新幹線(時事通信)

 15日午前5時半ごろ、東海道・山陽新幹線をパソコンや携帯電話から予約する「エクスプレス予約」にシステム障害が発生し、予約や変更ができなくなった。
 JR東海によると、障害は同7時5分ごろまでに復旧したが、約1500件の予約・変更操作に影響が出たとみられる。同社が原因を調べている。 

【関連ニュース】
百五銀行でシステム障害=ATM取引できず、2時間で復旧
「再発防止に全力」=金融庁の業務改善命令でSBI証券
SBI証券に業務改善命令=システム障害を放置
SBI証券に処分勧告=システム管理不備で
プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害

<南アW杯>7割超「勝つと思わなかった」カメルーン戦(毎日新聞)
<雑記帳>競馬場で「本命当てちゃおう」婚活 盛岡(毎日新聞)
日本振興銀行 警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ(毎日新聞)
放火未遂裁判員裁判 国民目線の判決文 評議の経過詳述(産経新聞)
<全精社協補助金流用>元副会長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)

医療刑事裁判の適正化には「過失」の明確化を―日医総研(医療介護CBニュース)

 日本医師会総合政策研究機構はこのほど、医療刑事裁判の適正化を図るためには、刑法上での医療の「過失」概念を明確化すべきとするワーキングペーパー(WP)を公表した。

 WPでは、医療事故での医療従事者の刑事責任のあり方を論じるに当たり、医師に刑罰を科すことが適切かどうかを十分に検討する必要があると指摘。医師に罰金刑を科しても教育的効果は乏しく、また、常に危険と隣り合わせの医療現場では、医療事故が不可避の場合や、リスクのある処置をしなければ救命できない場合もあり得るとの認識を示した。その上で、刑罰の厳罰化は医師を適切な医療行為から遠ざけかねないとの懸念を示し、「医療事故を刑事訴追するためには、事案についての十分な考察が必要」としている。

 また、医療の特殊性として、▽医師に応召義務がある一方で、医療は不確実▽医師の従うべき規範が明確に示されない▽治療困難な患者に対しても医療が必要▽医学は常に未解明の部分を含んでいる▽常に医療水準にかなった医療を提供するのは困難―の5点を挙げた上で、医療事故での刑事責任の追及について、「医療は人間の生命・身体を対象とする以上、本質的に不確実なものであり、合理的な疑いを容れない程度にまで立証が求められる刑事裁判にはなじまない場合が少なくない」と結論付けている。

 その上で、医療刑事事件で「過失」をどう解すべきかがあまり論じられていないと指摘し、刑法が医療での「過失」を明確にできなければ、医療現場の不安は払しょくされないと問題視。「過失」の範囲を制限する実体法的な法解釈の重要性を指摘している。
 また、刑法の過失概念が不明確で、検察官による適切な訴追裁量が期待できない状況では、医療事故が安易に刑事事件化しないための手続き上の工夫がなされることが望ましいと指摘。医療事故の真相を究明する制度や、医師の資質を担保する制度などの必要性を強調している。


【関連記事】
死因究明のモデル事業、見直しの方向性を提示
医療事故で賠償できる医療費の設定を
昨年の医療事故関係の届け出など152件−警察庁
刑事処分の「後追い」でない行政処分システムを−医療事故で日医
医療事故の法的責任、行政処分のあり方含め検討を−医療安全推進シンポ

桂歌丸さん 肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)
「振り出しに戻るよりは…」「信用できない」前原国交相再任に八ツ場ダム地元(産経新聞)
細野氏「架空、違法支出ない」=領収書公開、漫画や衣料品計上−荒井氏事務所費問題(時事通信)
<囲碁>穏やかな序盤戦に 本因坊第3局始まる(毎日新聞)
釜山少女暴行殺害:昨年の児童強姦未遂もキム容疑者の犯行か

<シンシアの丘>介助犬の存在さらに発信へ 開所1周年式典(毎日新聞)

 障害者を助ける介助犬の育成・普及や訓練士養成を行う国内初の介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」=愛知県長久手町=が開所1周年を迎え、29日に記念式典があった。日本介助犬協会の橋本久美子会長は「着実に介助犬の存在は広がっている。今後も全力でいきたい」と参加者約70人に語りかけた。

 02年の身体障害者補助犬法成立に貢献した介助犬シンシアなどを祭ったセンター内の補助犬慰霊碑では慰霊祭があり、シンシアとパートナーだった兵庫県宝塚市の木村佳友さん(50)らが献花した。木村さんは「いまだに介助犬との同伴を拒否する施設がある。介助犬の存在をもっと発信したい」と話していた。

 シンシアの丘は09年度に介助犬3頭、今年度と11年度は6頭を育成し、12年度には10頭に増やす計画という。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
寄託:堺陵東LC、シンシア基金に20万円 /大阪
ひょうご東西南北:介助犬に理解を フリマに支援ブース−−宝塚 /兵庫
介助犬:理解を 宝塚・フリマでPR、「エルモ」も一役 /兵庫
タウンたうん:九州2頭目の介助犬−−有田 /佐賀
介助犬:県内初 九州補助犬協が育成、城南・白木さんに貸与 /福岡

赤切符誤処理「ボーナス減額」名ばかり…山梨(読売新聞)
<転落>マンション9階から9歳男児、重傷 東京・足立(毎日新聞)
ワクチン接種の家畜、2〜3日後処分へ…西都市(読売新聞)
京都霊山護国神社 「龍馬」三年坂など練り歩く(毎日新聞)
JFN配信9月末まで延長 Kiss−FM放送中止を回避(産経新聞)

ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)

 ファイル交換ソフト利用者を狙った暴露ウイルスによる詐欺事件。

 個人情報をインターネット上にさらされた感染者の中には、退職に追い込まれたり、懲戒処分を受けたりと重い社会的制裁を受けた人もいる。専門家は「ウイルス頒布の罪がなければ同じような被害が続出しかねない。法整備が急務だ」と警鐘を鳴らしている。

 都内の30歳代の会社員男性が、友人から「インターネットでお前の名前が出ているぞ」と携帯メールで連絡を受けたのは3月下旬。ネットで調べると、ネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」に、自分の名前と、仕事で使っているファイル名が公開されていた。勤務先の会社名も特定され、会社のホームページへのリンクも張られていた。クリックすると、ジャンプしたページには、自分の顔写真が載っていた。

 辞職覚悟で上司に報告したところ、厳重注意を受けた。今も個人情報はネット上に流れ続ける。「正直言って、恐ろしい。罪悪感もないままファイル交換ソフトを使ってしまったが、もうどうしようもない」と悔やむ。

 別の20歳代の男性は、氏名とともに自分がダウンロードしたアダルトゲームのタイトル一覧をネット上に流された。4月中旬には勤務先にも知られ、「会社に迷惑をかけた」として退職に追い込まれた。何度も再就職活動を重ねたが、「ネットに名前が出ている」として内定を取り消されたこともある。男性は「どうしてこんな事になったのか……」とかすれた声で話した。

 西日本の中学校の元校長も感染し、公開された「最近使用したファイル」の一覧には、身元が特定される学校の資料名とともに、膨大なわいせつ画像の名称が並び、ネット上で大騒ぎとなった。

 元校長は4月下旬、生徒の個人情報を含むデータ履歴をネットに流出させたとして、減給10分の1(2か月)の懲戒処分を受けた。元校長は「ネット上で何でも自由に手に入れるうち、感覚がマヒしてしまった」と悔やんでいる。

 警視庁幹部は「ネット上には悪質なウイルスが横行しており、今回の事件は氷山の一角に過ぎない」と話しており、同庁ハイテク犯罪対策総合センターに専従チームを設置し、警戒を強めている。

池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)
<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)
両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
民主・小宮山議員の兄逮捕、宝くじ販売権詐欺容疑(読売新聞)

<1億円金塊>21年間のシンボルを返還 兵庫・淡路(毎日新聞)

 ふるさと創生事業で注目を浴び、兵庫県淡路市で展示されていた「1億円金塊」が15日、借り受けている金属メーカー「三菱マテリアル」(東京都)に返還された。21年間、町のシンボルとして輝きを放ち、377万人の観光客を呼び込んだ。保証金として預けていた1億円は戻され、市民サービスのために使われるという。

 金塊は旧津名町が国のふるさと創生資金の1億円を同社に預け、相当分の金塊を借りて89年から展示してきた。同社にとっても金塊製造技術のPRになったという。近年の金価格の高騰で保証金の追加が必要になり、市は「観光客を呼び込む役目を終えた」として返還を決めた。

 この日、市内の公園であった返還記念式典で市と同社が返還に署名。長さ約31センチ、重さ53.5キロの金塊を門康彦市長らが運び出し、地元高校生の吹奏楽の演奏に送られ市を後にした。【登口修】

【関連ニュース】
本日の予定

区立小に包丁と脅迫文=「児童に危害」−東京・江戸川(時事通信)
リサイクル用ガラス片 2500トン不法投棄の疑い 姫路社福法人など捜索(産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)
参院比例に江本氏擁立へ=国民新(時事通信)

学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉(産経新聞)

 学校現場で生じる保護者や地域住民とのさまざまな問題に対処するため、県は「学校問題解決支援チーム」を立ちあげ、第1回会議を開催した。

 全国的に「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者の存在が問題になるなど、近年学校では保護者や地域住民からの多様な意見や要望の対応に追われ、教師が子供と向き合う時間が減っているという。

 同チームは弁護士、精神科医、臨床心理士、民生委員の専門家4人と関係課職員らで構成。対象となるのは、明らかに理不尽な要求などが繰り返され、学校での対応に時間的、精神的に限界があるものや、法律、医療関係者など専門家の判断が必要なケースだ。今後は月1回程度会議を開き、学校や市町村教委に対して対応や解決策を指導、助言していくという。

【関連記事】
モンスターペアレント対策で都教委が手引書
問題発生時 学校側、モンスターペアレント対応能力磨け
モンスター保護者、指導不満で「迷惑料」要求
子育てヒント、“親学”推進 モンスターペアレント撲滅効果も
「店が悪い!」 万引現場に“モンスターペアレント”

介護マンション詐欺容疑、会社社長ら聴取(読売新聞)
<3中学生けが>衝突のはずみではねられ 愛知・尾張旭(毎日新聞)
<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
5月末決着、先送り要求=普天間「方向性提示でいい」−社民の福島党首(時事通信)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)

橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)

 新川達郎・同志社大学大学院教授(地方自治論)の話

 橋下徹知事の発言は、ときに行き過ぎて(自ら)訂正することもあるが、一貫して世間の関心を集める議論を巻き起こし、落としどころを探る手法を取っている。大阪府と大阪市の関係を組み立て直すという地域政党「大阪維新の会」の動きも、そうした観点が感じられる。

 府と市町村の関係を変える目的で、政治集団をつくるのだから、府議会だけでなく市議会も取り込もうというのも合理的な判断。各議会の自主性を失わせるのではないかという指摘もあるだろうが、この行動は地方制度のあり方を考えるうえで、重い一石を投じることになるだろう。

 「大阪都構想」は50〜60年前から何度も繰り返されているテーマで、終戦直後にも「大阪商工都」案という都制案が提示されたこともあった。一方、大阪市も大阪府から離脱する案を繰り返し提示している。

 従来の議論は首長や各議会がばらばらに主張をしていただけだったが、今回はそれらをまたいだ政治集団ができ、提案に重みがつくといえる。

 しかし、新党の政策はまだ途中段階で、プランを深め、公約をつくるという作業はこれからになる。これから丁寧な議論ができるかどうかで新党の真価が問われる。

 新党の政策はあくまで議論のテーマとして捉えるべきものだ。今後、これをまったく変えないということではなく、内容をきちんと問い直す必要があるからだ。

 一方、議員に期待されているのは、住民代表として首長とは異なる視点でよりよい決定をすることにある。仮に、知事の言うことを、議員がオウム返しのように賛同して唱えているのだけの集団ができるのなら、議会機能を失うことにもなりかねない。

 もし、今回、橋下知事人気をあてこんで選挙めあてや数合わせの集団ができたのなら、それは議会政治の自殺行為だろう。しかし、首長、議員が参加する自治体をまたいだ政策議論がきちんとできるのなら、それは新たな自治のあり方を提示する可能性にもなる。どちらになるのかは、今後の大阪維新の会の活動にかかっている。

【関連記事】
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」
知る人ぞ知る大阪情報“発信基地”「大阪名品喫茶 大大阪」
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
橋下府知事、「舛添新党」応援は大阪のためになるかで判断
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)
国分寺の路上遺体 殺人容疑で新たに1人逮捕(産経新聞)
<日米行政協定>米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」(毎日新聞)
舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合 天下り受け入れの果てに… (産経新聞)

新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)

 日本郵政の斎藤次郎社長は20日、都内のホテルで開かれた郵政記念日中央式典でのあいさつで、同日発表された郵政改革法案の概要に触れ、「郵便、貯金、保険3事業の一体的提供はもちろん、新規事業の展開など多様なニーズに応え、サービスの向上に努めていく」などと決意を語った。 

<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)
首都圏で保育士足りない…地方へ求人活動も(読売新聞)
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
首相動静(4月19日)(時事通信)
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕−大阪府警(時事通信)

<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)

 学校教材に新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の実践例を紹介する第74回新聞活用実践教室(毎日新聞社など主催)が17日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれ、小中高の教諭ら約70人が参加した。

 群馬県伊勢崎市立豊受小の田沼正一教諭が道徳の時間での実践を報告。「新聞記事にはさまざまな人物の生き方が詰まっている」と話し「生きた道徳資料」として活用してきた経緯を説明した。

 文部科学省初等中等教育局の宮崎活志視学官が特別講演を行い「新聞は社会観、人間観を形成するうえで重要な手だて」と述べた。記者報告では、毎日新聞バンクーバー冬季五輪取材班メンバーの栗林創造記者と石井諭カメラマンが、選手の素顔や今後の大会運営の課題などを話した。次回は5月15日午後2時から、横浜市中区の日本新聞博物館で開かれる。一般の参加自由。

【関連ニュース】
NIE:16教諭による教材開発報告 社会での課題解決法を子供たちに
NIE:県推進協総会 大社中・栗原教諭の実践支援 /島根
NIE:コラム題材に国語力向上 実践校の高砂中が中間報告 /兵庫
NIE:実践校を募集 県推進協が今年度分2校 記者派遣や見学受け入れも /青森
NIE:奈良女子大付中で教員ら研究会、公開授業も /奈良

知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)
「酒を飲みながら運転」70歳男を現行犯逮捕(読売新聞)
<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
3億3000万円求め提訴=富士通3役員に投資会社−社長解任劇で(時事通信)
高速新料金法案に「異唱えぬ」=川内衆院国交委員長が首相に(時事通信)

<天皇、皇后両陛下>宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は13日、東京宝塚劇場(東京都千代田区)を訪れ、宝塚歌劇雪組公演「ソルフェリーノの夜明け−アンリー・デュナンの生涯−」を鑑賞した。天皇陛下が宝塚歌劇を鑑賞するのは皇太子時代の1958年以来、皇后さまは05年以来。

 作品は、赤十字を創設したスイス人の実業家アンリー・デュナンの生涯をミュージカル化したもので、水夏希さん、愛原実花さんらが出演。両陛下は約1時間半にわたって華やかな舞台に見入り盛んに拍手を送った。

居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕(産経新聞)
高速無料化は堅持を=参院選マニフェストで−国交相(時事通信)
長官銃撃概要の警視庁HP、アレフが削除申出書(読売新聞)
ドラマ「カバチ」でTBSに抗議=「行政書士が示談交渉」−大阪弁護士会(時事通信)
和解に向け面談を再要請―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
出会いランキング
主婦 融資
携帯ホームページ
無料 ホームページ
債務整理
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM